Latest Posts

ユーザーの意見を積極的に

インターネットが普及しそれに接続するための機器が非常に普及した現代において私達が用いているサービスやアプリケーションなどにはユーザーの意見というものが非常に重要視されるようになりました。開発者が良いと思っていてもそれがユーザーにとって良いものであるとは限らないため、多くのユーザーの意見を積極的に取り入れることが求められています。もちろんそれら全てを反映することはできませんが、多数が感じている点を取り入れることによって、より高い質のものを作り上げ、繰り返し良い方向へアップデートしていくことができます。

それはサービスの質にもつながり、より多くの潜在的な顧客を獲得することにも繋がります。これは文章にすると簡単かもしれませんが、実際は簡単なことではありません。以外と開発を行っている側は、ユーザビリティが見えなくなってしまいがちです。ですから、何を優先するか、何を切り捨てるべきか、といった点を考える上で、何よりもユーザビリティという事柄を重視する姿勢が求められています。

今はそういった世界で、競争社会であるとも言えます。私達ユーザーにとってより良いサービスを作り出していくうえで、高いユーザビリティは不可欠です。

玄関口を綺麗にしておく

ユーザビリティは、いわゆる『玄関』のようなものかもしれません。家の外構えがとても立派であっても、玄関口が汚い家は、訪問者に良いイメージを与えません。逆にどれだけ質素な家で会っても、玄関口がとても綺麗に整えられているのなら、訪問者に良いイメージを与えることができます。同様に、私達が目にして耳にするもの全てに高いユーザビリティがあるのなら、それを継続して利用していきたい、と思うことでしょう。

例えばとあるアプリケーションが提供されているとして、それはインターフェースが分かりやすくはなっていますが、操作しづらいものであったならあまり良いものとは言えません。商品の購入や会員登録の際の入力フォームの最適化もそうです。入力がしやすかったり、エラーが出た際にわかりやすい仕組みになっていることもユーザビリティが考えられていると言えます。
子どもから大人まで、一見して分かるようなインターフェースである必要があります。そこでもやはり、高いユーザビリティが求められています。『ユニバーサルデザイン』という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それと似たようなものかもしれません。誰にとっても使いやすい、そして分かりやすいものであるならば、いわゆる『継続的な』顧客を獲得することができ、継続的な利益を生み出すことも容易になります。ユーザビリティを高めることは確実にメリットがあります。

ユーザビリティとは何か

例えば私達に提供される、インターネット上のサービスは、それらのサービス自身はとても魅力的なものであり興味をそそられるものかもしれません。いわゆる『内容』や『質』は何よりも優先されるべきものです。しかし、それと同時に高いユーザビリティを求めていかなければ、消費者は離れていってしまいます。どれだけ中身が良いものであっても、それが取っつきづらいものであったなら、私達ユーザーは意欲を削がれてしまうのです。ですから、企業は私達『消費者』の視点でサービスやそれに伴うアプリケーションなどを開発し、提供することが求められます。ユーザビリティは、簡単なWebページ上のサイトでも違いがはっきりしています。

どれだけ有意義な情報を発信しているサイトであっても、私達に取って見にくかったりどこに何が書いてあるのかが分からないようなものであるとそれはとてもユーザビリティの高いものであるとは言えません。ですからこれからの時代、消費者…いわば顧客の満足度を向上させるために、コンテンツの開発やインターネットサイトの運営など、様々な面において、『ユーザビリティ』を向上させることが求められているのです。では、それをどのように高めることが出来るのでしょうか。

ユーザビリティの重要性

コンテンツが多様化していく現代において、それらが持つ意味合いというのは非常に大きくなっています。単にユーザーが増えただけでなく、それに対してユーザーが求める事柄も、次第に増えてきました。あるときはそれで満足していたものの、今やユーザーはいつも変化を求めていますから、提供する側はそれに合わせた、様々な工夫を行い、コンテンツを提供していかなければ行けません。そこで重要になってくるのは、いわゆる『ユーザビリティ』です。例えば、私達が普段用いている家電は、ユーザビリティが優先されていなければいけない、大きな例と言えます。家電製品はそのものがとても高性能な製品を作るのは簡単ですが、それが私達一般人にも簡単に扱えるものでなければいけません。そのように消費者視点で商品を製作することが重要なのは、今も昔も変わらないと言えるでしょう。特に現代は、私達消費者がこれからの商品の発展に向けてより身近に意見や批判を述べることが出来るようになった時代ですから、よりそれらに配慮を払った製品作りが必要となっています。

いわゆる『ユーザー』の数は多ければ多いほど、それだけの好みや嗜好があります。もちろん、それぞれ一人ひとりの好みに完全に合わせることは出来ませんが、それら全ての人が誰でも使いやすいような製品作りをすることは可能です。一目で見て分かるような、何らかの工夫が必用です。それは、ネットワーク上のコンテンツにも同様のことが言えます。